読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔をちょい足し

今日という日に、今この瞬間に、笑顔をちょい足し。笑顔とともに、良い気分が広まり、今この瞬間が、今日が、より幸せになりますように。

スイッチ

朝食をとっていたら不意に娘が「あたし黙ってられないんだよねー」って言い出して「ごめんパパのせいだわ」と間髪入れずに返した自分はきっと潜在意識でオシャベリだと自覚しているんだろうけど娘の発言にそれ遺伝子レベルでパパのせいだわって言えるほどだとはという驚きで朝から目がパッチリしたのでいつもより仕上がった感で仕事に行けますシャキーン。

 

昨日は嫁が娘ちゃんの卒園にむけてのママさん集会に出ていたのでアタクシがお迎え。

娘は祖父母がピアノ教室に連れて行ってくださっているので息子氏だけのお迎えです。

 

あんなおまんじゅう一個連れて帰るのなんてたやすいぜと思ってたら思いのほか苦戦。 

なんとか保育園の玄関までこぎつけたものの、ぜんっぜん帰らない。

謎のテンション発動して玄関でずっと楽しんでます。

どうやったら玄関でずっと楽しめるのか帰ってから教えて、という釣りもアバババ言ってる1歳児に通じるわけもなく。

せめてアウター着てほしい。

 

そこに通りがかった女性の先生。

アウター着てくれないんですか?任せてください。

◯◯ちゃーん、これカッコイイ!カッコイイなー、先生着てるとこ見たいなー、カッコイイだろうなー!

 

ダッシュで着にきました。

やめてくんない?パパの遺伝子が色濃くですぎだから。

 

釣り方は置いといてありがとう先生!

よし帰ろう!

 

◯◯ちゃーん、帰るよー

f:id:hayachi0124kurochan:20170324010441j:image

 

◯◯ちゃーん、おうち帰るよー

f:id:hayachi0124kurochan:20170324010506j:image

 

なんか「帰るよ」って言うたびに鬼ダセェポーズお届けしてくんだけどーー!!

え?

待って何この「帰るよ」スイッチ。

だれが付けたの!?

わかった付けたことは怒らないからはずし方教えてぇぇえ!

 

114/1825

 

ラムネ

電車の改札を出ようとしていたところ、前を歩く女性がICパネルに左手にした腕時計を押し付けててApple Watchかなにかのハイテク感とスマート感を出していたんだけどタッチパネルは右にあるわけでカラダをかなりねじって左手の甲の上を押し付けて「あ〝あ〝っ!」ってイライラした声を出していたのを見てなんか便利になったのか響きに振り回されているのかなんだかワケがわからないなと思ったぼくですおはようございまスティーブ・ジョブズ

 

アンパンマンのラムネがありまして。

 

ひとつひとつキャラの鋳型に入れて作ったのでしょう、なかなかに精巧なやつです。

 

息子氏はそれが大好きで。

ラムネをひとつ取り出しては「アンパンマン!」と大変にビックリしているわけです毎回。

何度でも楽しめるオイシイ性格です。

 

今、我が家では息子がこのラムネを好きすぎる事と彼の食欲がちょっと問題で。

一袋で満足しないんです。

食べ終わるとさらによこせとわめくので、もうないよと伝えても「ウソだ、閉まったところを見たぞ、ここだ!」といった感じで引き出しを開ける始末。

 

しょうがないから気をそらした時に他のところに隠してお風呂に。

 

風呂から上がった息子君。引き出しをガサゴソするも見当たらず。

アレ?ないねー。おかしいねーと、下手な小芝居をうっていたところ、突然娘がぼくのパンツを下ろし、おしりに向かって「ここにもないねー」と。

ないわ!

なにその小芝居!

いる?必要なの?

むしろパパのおしりからラムネ出てきたらどうすんの?

その後の空気どうすんの?

「パパのパンツをうっかりめくったらおしりからアンパンマンの形のラムネが出てきまして」って確実に幼少期のトラウマだわお願いそれでも仲良くして!

 

f:id:hayachi0124kurochan:20170323075331j:image

113/1825

 

回転木馬

昨日の朝、スピードを落とさずに来た車が水たまりの水を巻き上げまんまと右足が犠牲になったぼくは「ヨッシャ」とガッツポーズしましてなぜなら一日の出だしでこれだけバッドな事が起こればあとは相当なグッドな事がウェイティンと、ルー大柴みたいになっちゃった理論を振りかざして過ごしていたところ昨日から見てすでに明日になっているという事実を思い返すたびに目に必要以上の潤いが発生するぼくですおはようございます。

 

昨日の記事の感想で、大人が子どものナンデ?にどう応えるのかって大事ですよねという意見をいただき、そういえばそんなテーマの記事を書いたなと思い出しました。

大変な惨敗を喫していますが、よければご覧ください。

http://hayachi0124.hatenablog.com/entry/2015/12/17/082750

 

春分の日のしまじろう映画の後はそのまま施設内の遊び場に移動しました。

娘と姪っ子がメリーゴーランドみたいなのをやりたいと。

f:id:hayachi0124kurochan:20170321124252j:image

ウィーン

 

グルグル回ってるのを見ていたところ、娘から「パパ!面白い顔して待ってて!」 という指令が。

よし来い!と変顔して待ってたら手前で止まってまさかの降車タイムでしたチーン。

来なかったよ娘たち。

変顔と羞恥心は丸めてポップコーンの空箱にポイですわ。

あ、ポップコーン食べてなかった。

 

ここにメリーゴーランドではあと何周するのか把握したうえでとびきりの変顔を用意して待てという教訓がある。

ただしこの教訓を活かす場が来るかは保証されない。

 

112/1825

幼児向け映画

最近、利用路線の電車が赤、黄、青、緑のクレヨンしんちゃん車輌になっててクレヨンしんちゃんのプリントがされていないノーマルタイプに乗るとなんか損した気分になるぼくですおはようございます。

 

春分の日は我が子と姪っ子の3名を引き連れてしまじろうの映画を見てきました。

 

最近の幼児向け映画は良くできている。

なんていうか一緒に体験しながらストーリーが進むというか。

スクリーンからこちらに呼びかけて入場時にもらったアイテムで声をあげて応援する。

アイテムの用途も途中途中で色々変わって声を張り上げるだけではない。

そして劇中に数分間の休憩時間があったり。

とにかくスクリーンもこっちもずっとしゃべってる。

ゲラゲラ笑って、出来事にツッコミを入れて、そこだよーと教えてあげたり、まるでアメリカの映画鑑賞のようですよ!

いやアメリカで映画見たことないんだけどね。

最後は代表曲を会場のみんなで歌いながらレッツダンス。

開演前に姪っ子が大声で「なんでこんな大きなテレビで見なきゃいけないの!?」とナゾの振りをくり返し言ってきても安心である。

ここでしか見られないからだよ等のかなりの正解を放り込んでもしばらくすると大声で「なんでこんな大きなテレビで…」って言ってくるので、ふかしすぎた肉マンみたいな笑顔のみお返ししていても気にしなくていいのである。

 大声→肉マン→大声→肉マン

気にしなくていいのである。

 

見終わると出口までの道中にあるクレヨンしんちゃんパネルにまんまとつかまる。

今度のしんちゃんの映画は宇宙人が出てくるので、パネル内には宇宙船の操縦レバーがある。

子どもがガチャガチャいじるので、結構頑丈な作りである。

夢中にいじる息子氏を見ていたら

「アレ?しんちゃんに似すぎじゃね?」と将来が心配になる感想が出てきたのでギュッと握りつぶす。

ちなみに息子氏はしんちゃんと同じ誕生日。

ギュッと握りつぶす。

f:id:hayachi0124kurochan:20170321080345j:image

111/1825

 

優しい

昨夜、家の中で突然なぞの花粉につかまりクシャミと鼻水が止まらない感じになってさっきまで普通に家で過ごしてたのにどういう事だろうと混濁する意識の中で考えてたら朝でしたおはようございますピヨピヨ。

 

ウチの子たちは優しいという親バカ全開のお話。

 

息子氏が食事をしながら夜店で買ったスーパーボールをテーブル下に落としていくという遊びをしてて、それを娘が拾ってまた息子のそばに置いてあげるのを延々繰り返していた、優しい。

 

息子氏と公園で遊んでいたところ、3歳くらいの女の子が泣いていた。

テクテクと駆けつけてイイコイイコする息子、優しい。

 

ウチの子たちは優しいというお話。

 

ぼくがしゃがんでいたりそばを過ぎようとしたりすると不意をついて飛びついてくる娘、パパの体幹を鍛えてあげようという愛情に満ちていて優しい。

特に息子のオムツ(う◯ち)を替えている時に上からドーンと落ちてくるのは、息子の排泄したアレにパパの顔がアレする恐怖でどんなに不意をつかれても必死で踏み止まるので体幹とメンタルにめちゃ効く特にメンタル、優しい。

 

息子氏がお好み焼きを食べてて、コレうまっ!ってなってパパもお食べって半分そしゃくしたやつを口に押し込んでくれた、優しい。

特に途中で床に落としてもあきらめなかったところ、鬼優しい。

 

娘とともに保育園の他の父兄といたところ、突然娘が大声で叫んだ。

「はーいみんな聞いて!あたしのパパすっごい面白い顔できまーす。はいパパ!」

 

!!!!!!

顔芸で笑いを取った過去が思い当たらないけれど、パパの笑いの振り幅を増やしてくれようといきなり実践を用意してくれる娘、や、やさ、やさし、ダメ泣く。

 

f:id:hayachi0124kurochan:20170320095706j:image

もういいかーいってやりたいとのことで、この体勢でパパにもういいかい?って言ってもらうのを待つ息子氏。

いや逆だから息子よ、もういいかいって言う方の体勢ソレ。

 

110/1825

 

 

 

 

トレイ

息子が寝る直前までアンパンマン言ってて朝起きたら第一声がアンパンマンでこいつアンパンマンに一日を支配されてやがる!と思ったけれど自分がそんな息子に一日を支配されている事を思い出して健全な毎日への距離感にヒザが震えたぼくですおはようございます。

 

子どもはある時期から大人のしている事を真似しだす。

嫁がトレイでティーセットを運んできたら、自分もトレイに載せて運びたいとゴネる息子氏。

しょうがないからトレイに「もずく」を2パック載せて渡す。

ダイニングテーブルにあった密封されていて軽いものが偶然「もずく」だったのだけれど、息子の顔ともずくの相性が良すぎて笑いを禁じえない。

 

ニコニコでパパにもずくを届けてくれる。

もずくを受け取るためだけに遠くへ行かされるパパ。笑

 

こっちだよー。

f:id:hayachi0124kurochan:20170319101950j:image

そのトレイの角度!もずく絶対絶命!

 

子どもはある時期から大人のしている事を真似しだす。

しかし子どもだからディテールがあまい。

 

途中までトレイでもずくを運ぶ。

途中でトレイを捨てる。

トレイをゲシッと踏みつけながらもずくを手渡し

f:id:hayachi0124kurochan:20170319102240j:image

 

さっきまであんなに大切そうにしてたのに急にぞんざいに扱いだすところが、子どもによるパパの扱いに酷似していてそっとトレイを抱きしめる夜。

 

109/1825

 

人生を楽しむ最強のアイテム

通勤中、電車の中で落語を聞いていて不意にフッと鼻で笑ったら、目の前に座っていた女子高生がゴルゴみたいな顔して見てきたので背中を向けたら撃たれるという恐怖で途中から落語を楽しめなかったぼくですおはようございます。

 

息子と公園に来ております。

f:id:hayachi0124kurochan:20170318102649j:image

ずっと笑ってる。

f:id:hayachi0124kurochan:20170318102712j:image

バッタ目線でパシャリ。

 

よーく観察していると、石とか枝とか草とか、なんか不思議そうに、真剣にいじって楽しそうにしている。

 

目に映るものすべてに好奇心を持ってとても楽しそう。

 

楽しくなってきてなんか歌いだした。

 

当たり前に思ってるものを改めて好奇心を持って見直してみる。

そうすると日常が、人生が違う角度で見えて輝きだす。

そんな事を教えてもらった気がする。

 

パパもちょっと楽しんでみるよ!

この木はどんな手ざわりかなー。どんな匂いするのかな。

 

匂い嗅いだらクシャミが止まらなくなったこの時期の好奇心は危険だった。

 

f:id:hayachi0124kurochan:20170318103212j:image

いないいないばあが絶望的に下手すぎる。

 

108/1825