笑顔をちょい足し

今日という日に、今この瞬間に、笑顔をちょい足し。笑顔とともに、良い気分が広まり、今この瞬間が、今日が、より幸せになりますように。

ご無沙汰してます

「助けて!」ってお願いされた案件のヘルプに10月から行ったところ、色んな所にワナがありすぎて結局助けきれなかったんだけど、話はそれだけに収まらずいつのまにかメインというかトップになり、まったく休めず徹夜で働く事もしばしばという「助けて!って言われてきたけど、今はぼくも助けてぼくの方こそ助けて!」って状況になりましたナウです、おはようございます。

諸々調整して、年内はまだ稼働が高いままだけど、まぁまぁ落ち着いて仕事できるようになりましてん。

あ、ちなみにピンピンしてます。

ドMでよかった←

 

今朝のこと。

息子の着替えをしていたところ、嫁が不意に話しかけてきた。

 

嫁:あのね、にゃにー…にゃ

 

ん?

f:id:hayachi0124kurochan:20171213080333j:image

 

嫁:えっとね、にーにゃら…にーにゃら

 

ん?

f:id:hayachi0124kurochan:20171213080333j:image

 

 

嫁:今年はなんちゃら現象で寒いんだって!

 

ラニーニャかいっ。

 

 

嫁:それ!

 

日本の寒暖に猛烈な影響を与える気候現象はラニーニャエルニーニョくらいだろうに。

 

 

嫁:ニャで始めたから間違えたんだな

 

 

ぽ、ポジティブ。

 

なにその紙一重で間違えました、な立ち位置。

 

 

あまりに「ん?」な会話だったので、先週末にしまじろうコンサートを観に行った帰りに寝てしまい、レストランで半分だけ起きたみたいな、普段はこれでもかってくらい丸い息子の四角い顔で感情を表現してみました。

f:id:hayachi0124kurochan:20171213081437j:image

 

254/1825

 

 

 

お花畑

いまヘルプに入っているプロジェクトに嫁もいるのだけど、そんな嫁ちゃんから「全員がこのプロジェクト無理、絶対間に合わないって思ってるのに一人だけなんとかなると思ってるよね(笑)」って脳内お花畑を褒められたのでルンルンで頑張ろうと思うぼくですおはようございます。

 

休日も働いているので、子供たちと触れ合う時間がほんっとに短い。

その時間が尊すぎてもう。

f:id:hayachi0124kurochan:20171018075018j:image

尊い寝顔だ

 

最近、娘の言葉遣いがお悪い。

家族でお出かけしていた時のこと。

嫁と会話していたら、突然娘が「今あたしのこと、バカクソなんとかって言ったでしょ」ってナゾの因縁をつけてきた。

 

他のシーンでは、ぼくに向かってかって「こぉの、クソ…」って言ってきて嫁ちゃん爆笑。

嫁:あー、とうとうそう言われる時が来ちゃったんだねー

 

うれしそうだな、オイ。

 

娘ちゃん本人は最後まで言わずに踏みとどまったつもりだろうけども、クソまで言っちゃってるからね。

ギリギリアウトってやつや。

 

小学校に入って、

保育園では知らなかった色んな言葉を知り、

いっぱいの選択肢の中からステキな言葉をチョイスしてゆく

 

 

すみっこで息子がおしりって単語で笑っている。

 

253/1825

ミッション

息子氏が時折、ママじゃイヤ、パパがいい!ってめちゃくちゃ駄々をこねてパパを求める事があるんだけど、それが大抵落ちたものを拾えとかベビーカーを押せ的な雑務なのが気になりだしているぼくですおはようございます深く考えたら負け。

 

ヘルプに入った案件が大変なぼや騒ぎで、どうにかしようと休日も出勤しているのだけれど、23時頃にそろそろ帰るかとLINEを見ると、嫁からミッションが届いていた。

f:id:hayachi0124kurochan:20171016075801j:image

 

持てる限りの牛乳!!!

 

え、あたくし一応メンズなので、コンビニ袋ってことを差し引いても片手に10本ずつ計20本は持てるけど、、

 

持てる限りの!?

 

しかも牛乳「とか」という振り幅のある指示!!

 

まずい

 

 

 

試されてる!←

 

牛乳とか?

豆乳か!

親せきの範囲にちがいない。

 

ここであたくし、頭がまわっちゃいまして。

 

ははん、宅配サービスだなと。

 

玄関先に積まれたままの、特に生鮮食品を持てる限り持って冷蔵庫にぶち込めと。

 

長年夫婦やってると勘が冴えるのですよ。

 

 

 

 

 

ちがいました玄関キレイだった。

 

 

朝確認してみると2,3本でよいという意味とのこと。

 

ミッションインポッシブル!

 

252/1825

 

ちがうでしょ

朝のいそがしい時間帯に息子氏がてんてんどんどんてんどんどーん♬って、天丼マンの歌を歌いながらフラフラしているのを見ると穏やかに速やかに物事に取りかかれるぼくです音源ほしい。

 

娘が算数の宿題をやり忘れていた。

 

それが、3つの数字のたし算ひき算。

 

1+2-3 みたいな。

 

嫁がどうしてやってないの?って聞いたら、

 

数字が3つ書いてあるから、答えが書いてあるって思ったと。

 

天才!

いや天才!

 

いままでは2つの数字のたし算ひき算で、急に3つに増えたから、ラッキーもう答え書いてあるっていう脳みそ天才マン。

 

嫁:パパに聞いちゃえば?パパ計算得意だよ

 

娘:やってみて

 

僕:え?やっていいの?

 

娘:うん

 

僕:これは7

 

娘:ちがうでしょ

 

パパの扱い方まで天才マン。

嫁が「あってるよ(笑)」といっても無視。他の問題からこなしてゆく。

 

小雨降る中、このサンダルで行くんだとゆずらないこの子も天才マン。

f:id:hayachi0124kurochan:20171013080953j:image

ちがったこの子は天丼マン

 

251/1825

 

 

ダークサイド②

昨日の投稿で最近ダークサイドに落ちがちって話をし、でも天啓がくるって書いたら、きたよ天啓。

 

くだんの件のおっちゃんが態度も仕事の仕方もひどいのだけれど、とうとう成果物の中身までズブズブで使いものにならないので、おっちゃんの手はとめさして、私が引き取ることになりましてん。

 

彼が1ヶ月かけてペラッペラだったものを数日で完遂することになりましてん。

 

オィィ!なんか思ってた啓示と違ううううああああ!

 

神さまぁ!エロいこと考えるのちょっと控えますからぁぁあ、すんませんエロモード消すのやっぱムリィイ!!

 

はっ、いかん浄化だ。

f:id:hayachi0124kurochan:20171012075218j:image

こっち向いてー

 

最近遅ればせながら2歳のイヤイヤ期らしくなってきた息子氏。

 

こっちむいてよー

 

息子:や、だ、よー(ニヤニヤ)

 

この子のイヤイヤ感に漂うチョロさ。

 

 

250/1825

ダークサイド

あたくしの中でいま、闇のエネルギーがすごい。

 

トラブっているプロジェクトにヘルプで入ったものの、いっちばん大事なところを担当しているおっちゃんが使いものにならない。

 

かといってあまっている人員なんていない。

 

おっちゃんは担当しているところがズブズブに遅れているのにどこ吹く風。

 

あぶね、浄化だっ!

f:id:hayachi0124kurochan:20171011080703j:image

 

 

どういうつもりか質問しても「さぁ」「間に合わないでしょうねぇ」などめちゃくちゃ他人事。

そして定時ベースでさくさく帰る。

誰とも連携しない。

リカバリープランも提示しない。

相談もしない。

やべ、浄化だ!

f:id:hayachi0124kurochan:20171011080703j:image

 

これだけ浄化したので、きっと妙案がふってくる。

間違いない。

天からの啓示が降りて、ハッとして、その素晴らしさにニヤッとする。

きっとそんな瞬間がくる。

根拠がある。

そんな瞬間がきたっぽい顔を間近で見たことがある。

f:id:hayachi0124kurochan:20171011081151j:image

いやどんな感情コレ

 

249/1825

小学校のハロウィンパーティー

息子が悪いことをしちゃったなって空気の時に口をナミナミにして泣くのをこらえる顔が愛おしすぎてなかなかコラッてモードでいられないぼくですおはようございます。

 

土曜日に娘の通う小学校でハロウィンパーティーがありました。

仮装、カレー、肝だめし、打ち上げ花火まで、なんとも大規模で初参加の我々はビックリです。

 

そんな大規模なハロウィンパーティーに息子はこの格好で参戦しました。

f:id:hayachi0124kurochan:20171010075404j:image

チーン

 

ええ。

午前中にダイソーに行きましてね。

f:id:hayachi0124kurochan:20171010075444j:image

事故だろコレ。

 

息子氏がこの帽子をいたく気に入り、それじゃあこのままと小学校に乗り込んでやりましたよ。

f:id:hayachi0124kurochan:20171010075541j:image

なんだこれ。

 

肝心のハロウィンはというと、巨大なミニオンや恐竜の着ぐるみにビビり倒し、嫁と娘を置いて家に帰ると。

 

校門までスタスタ歩いていき、バイバーイ、おばけバイバーイ!と本当に帰宅しまして。

 

娘の、あたし全然怖くないからの絶望というお約束を見れませんでした。

見れた嫁はご満悦でズルイ。

 

248/1825