読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔をちょい足し

今日という日に、今この瞬間に、笑顔をちょい足し。笑顔とともに、良い気分が広まり、今この瞬間が、今日が、より幸せになりますように。

涙の数だけ

外食したら、僕が頼んだアボカドハンバーグのアボカドが切れたのでトマトスライス2枚でいいかと店員さんが聞きに来てアボカドハンバーグのアボカドきれるって何やねん、なんでトマトスライス2枚と等価やねんと、脳内をエセ関西弁が駆け巡ったけれどクチから出た言葉は「全然問題ないっすー」だった事に我ながら驚きを隠せない僕ですハンバーグおいしかったハッピー。

 

最近、娘が泣き虫ちゃんなんですが、泣いているところを見られたくないと、ひた隠すんです。

見ようとするとダッシュで逃げる始末。

 

今日はショッピングモールにでかけまして。

モールの中庭的なところ、人工的な川もありなかなか楽しめるところがありまして。

保険相談の人が配っていた風船を川に浮かべたりしながら遊ぶ娘。

テンションに任せて大暴れしているので、ぞんざいな扱い方をした風船がすぐに割れる。

すると娘、あろうことか弟の風船を狙う。

もともと弟の風船が私のだったと。

「割れたから返すわ、元々のわたしの風船と交換な」なんてジャイアニズムをどこで学んだドラえもん見てないのに!

 

とうぜん弟の風船は渡せない。

 

となるとグレるよね、ジャイアンだから。

 

子どもたちに対し、お汁粉に角砂糖入れてバニラアイスをトッピングするくらい激あまなアタクシは猛然と100均にダッシュ。

 

戻って来て風船を渡すと、なぜか娘の顔がビッショリ。

驚いて嫁になにがあったか聞くと、嫁から娘に、「パパはコーヒーを飲んでたのにそれをやめて風船を買うために走っていってかわいそう。きっとコーヒー冷めちゃうね。」と、反省を促すような感じで言ってみたところ即泣いたとのこと。

そのあとすぐにアタクシが戻って来たものだから、泣いてるのをごまかすために川の水で顔を洗うという。。

 

「泣いてなんかないやい。これは汗さ、いや川の水さ」なんて昭和青春ものみたいな対処方は誰が教えたのさドラえもん見てないのに!←

 

ちなみに娘、なんで泣いてるのと嫁に聞かれた際、「パパに苦しみを与えたから」とこたえたそうで、誰ですか娘に聖書渡したのドラえ←

 

そんな日に娘と撮影した満月とイルミネーションの虹。平和だ。

f:id:hayachi0124kurochan:20161015234838j:image