読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔をちょい足し

今日という日に、今この瞬間に、笑顔をちょい足し。笑顔とともに、良い気分が広まり、今この瞬間が、今日が、より幸せになりますように。

娘との日々

こないだど平日に一人で実家(静岡県浜松市)にクルマで日帰りしたとき、ハイウェイはトラックばっかりでこうして日本の物流は支えられてるんだな、ありがたいなと思ったんだけど、3車線の真ん中を走っている時に両側を巨大なトラックにはさまれた瞬間は汗がでたけど、これってトムクルーズになったかのようなスリルだなと不意にバックミラー見たらしょうゆ顔写ってたので勘違いだと気づけた朝ですおはようございます。

 

娘の学童保育の説明会があるということで、早上がりしてこどもを担当しました。

 

カレーを出したところ、美味しいとムシャムシャ食べてくれる。

娘ちゃん、完食です。

 

娘:ねぇ、パパ?

僕:うん?

娘:あたしカレーの中の唐揚げ、2個もいらなかったんだけど。

 

完食しといてこの言い草!

そこはごちそうさまでした、でしょう。

残せばいいじゃない。唐揚げ一個パパに投げつければいいじゃ…いや、カレーついた唐揚げは投げちゃダメ。

当たった時も外れた時もダメージすごい。

 

食後に幼児向け番組を見ていたとき。

テレビの中では2チーム対抗で勝負をしている。

テレビの前のみんなも、どっちか応援してねと。

娘ちゃんとジャンケンして別々のチームを応援することに。

パパの割り当てられたチームが勝った結果、

 

 

 

娘、号泣。

 

 

!!!

 

あたしは始めからパパが選んだチームが良かった!とすごい剣幕です。

戻せない時間を戻せ的な勢いに、うっかりウチの引き出しにもタイムマシン入ってないかなと引き出しに手をかけました画用紙と折り紙だったネコ型いなかった。

 

その後和解してお風呂に入ると、リカちゃんも一緒にお風呂に入れると言い出す。

え?リカちゃんてお風呂に入れていいの?

娘:リカちゃんも家族なんだからお風呂に入れてあげなきゃダメでしょ!

は、はい。

 

隣でプカプカしているリカちゃんを見ると、髪の毛がとても長く太ももの真ん中くらいまである。

これじゃあトイレの時、う◯ち付いちゃって大変!ていうと娘ちゃん大笑い。

 

くっくっく、小3くらいまでは下ネタ言っときゃ笑うんですよ。

 

するとそのうち、リカちゃんはどうしたらおトイレが快適にできるのか考察しだした。

 

娘:こうして首にマフラーみたいに巻きつければいいのよ!

 

切れ。

なんでトイレするたびにマフラーつけなきゃいけないんだ。

夏どうすんだ。

切れ。

 

娘:髪の毛がのびないんだから切ったらダメでしょ?人形なんだから。なに言ってるの?

 

オィィ!家族なんだからってお風呂に入れてきたのそっち!

 

f:id:hayachi0124kurochan:20170317075554j:image

 

107/1825