読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔をちょい足し

今日という日に、今この瞬間に、笑顔をちょい足し。笑顔とともに、良い気分が広まり、今この瞬間が、今日が、より幸せになりますように。

幼児向け映画

最近、利用路線の電車が赤、黄、青、緑のクレヨンしんちゃん車輌になっててクレヨンしんちゃんのプリントがされていないノーマルタイプに乗るとなんか損した気分になるぼくですおはようございます。

 

春分の日は我が子と姪っ子の3名を引き連れてしまじろうの映画を見てきました。

 

最近の幼児向け映画は良くできている。

なんていうか一緒に体験しながらストーリーが進むというか。

スクリーンからこちらに呼びかけて入場時にもらったアイテムで声をあげて応援する。

アイテムの用途も途中途中で色々変わって声を張り上げるだけではない。

そして劇中に数分間の休憩時間があったり。

とにかくスクリーンもこっちもずっとしゃべってる。

ゲラゲラ笑って、出来事にツッコミを入れて、そこだよーと教えてあげたり、まるでアメリカの映画鑑賞のようですよ!

いやアメリカで映画見たことないんだけどね。

最後は代表曲を会場のみんなで歌いながらレッツダンス。

開演前に姪っ子が大声で「なんでこんな大きなテレビで見なきゃいけないの!?」とナゾの振りをくり返し言ってきても安心である。

ここでしか見られないからだよ等のかなりの正解を放り込んでもしばらくすると大声で「なんでこんな大きなテレビで…」って言ってくるので、ふかしすぎた肉マンみたいな笑顔のみお返ししていても気にしなくていいのである。

 大声→肉マン→大声→肉マン

気にしなくていいのである。

 

見終わると出口までの道中にあるクレヨンしんちゃんパネルにまんまとつかまる。

今度のしんちゃんの映画は宇宙人が出てくるので、パネル内には宇宙船の操縦レバーがある。

子どもがガチャガチャいじるので、結構頑丈な作りである。

夢中にいじる息子氏を見ていたら

「アレ?しんちゃんに似すぎじゃね?」と将来が心配になる感想が出てきたのでギュッと握りつぶす。

ちなみに息子氏はしんちゃんと同じ誕生日。

ギュッと握りつぶす。

f:id:hayachi0124kurochan:20170321080345j:image

111/1825